ボイトレで自分の弱点を見つめ直そう!

ボイトレでは発声と歌唱力のチェックを行うことで、きちんと個人ごとの弱点の見極めを行います。
これは意外と見落としがちな点でもあり、レッスンを進めるうえで欠かせないプロセスです。

そのうえで、どのようにして弱点を克服するべきなのか講師からアドバイスを受けて、さらなるスキル向上に繋げることになります。
最初のうちは自分の弱点を見つめ直すのは難しく感じるかもしれませんが、繰り返しのレッスンで自然と受け入れられるようになるでしょう。

また、ボイトレでは短期間での技術向上を可能にするため、反復練習を推奨しています。
レッスンの様子を音声データとして録音してもらえますので、自宅での復習に役立ちます。
録音内容には自分の歌声だけではなく、講師の指導も含まれていますので、身につけるべきポイントを忘れずに復習できます。

ボイトレでは短期間で学ぶことをメインに据えていますので、プロデビューを考えている人はチェックしておきましょう。

カテゴリー: 歌が上手になるには | コメントは受け付けていません。

高音が続かない時に行うボイストレーニング

声変わりする前は多くの人が難なく出せる高音ですが、声変わりをしてしまうとそんな高音を出すことも難しくなってしまいます。

でも高音をのびのびと出せて歌を歌えたら良いと思いませんか?きれいな高音を続けて出せるにはどんなボイストレーニングが必要なのでしょうか?

高音を出せる様に、続けさせる様にするにはなんといっても毎日高音を出す練習を続けるしか無いそうです。声帯を柔らかくして伸ばしやすくし、だんだんと高音を出せる様にボイストレーニングをしていきます。

高音で歌を歌う様にしたりしますが、この時の注意ポイントは出せないほどの高音の練習は意味が無いということです。ぎりぎりの高音を出す練習を持続していくことでだんだんと高音が出せる様になってきます。

高音のためのボイストレーニングの重要ポイントはブランクを空けないということです。せっかく高音をだしてもレッスンとレッスンの間が空いてしまっては意味がありません。継続してボイストレーニングすることで、高音を持続させることができます。

カテゴリー: 高音を出すには | コメントは受け付けていません。

ボイストレーニングで運動性音痴を直す方法とは

音痴だから歌を歌うのは苦手何ていう人もいますが、この音痴というものには二つのタイプがあり、一つは感受性音痴、そしてもう一つは運動性音痴というものだそうです。感受性音痴は聴覚に難があり、音を正しく聞きとれないということに原因があり、そういった場合だと、歌っている自分自身の音すら正しく聞き取れていないので、音痴であることに気づくこともできません。

そして、もう一つの運動性音痴は聞き取った音と同じ音を出せないということで音痴になってしまうものです。多くの音痴と言われている人はこの運動性音痴であることが多いのだそうで、この運動性音痴はボイストレーニングをすることで直せることができるといわれていますが、そこまで…と思っていない人には家でできる簡単な克服方法もあります。

最近では自宅でできる簡単ボイストレーニングなどがネットでも多く取り上げられていますので、そういったサイトを参考にしてみるのも良いかもしれません。

カテゴリー: 歌が上手になるには | コメントは受け付けていません。

ボイストレーニングで高音を出す魅力とは?

自分の思う高音が出せる様になるには、やはりボイストレーニングが欠かせません。
無理に高音を出そうとするものなら喉はあっという間につぶれてしまいます。

ですから正しい方法を学び、高音を出すというボイストレーニングをすると良いでしょう。
きちんとしたボイストレーニングをうけることで、もともと自分の出していた声の限界の高さを高くしたり、そしてそれを安定させることができるので、自分の持つ音域を広めることができます。
きちんとトレーニングしていないと、声が裏返ってしまったり、声が詰まってしまったりして、音が安定せず、その高音を出せるということにはなりません。

ミドルボイスやヘッドボイス、ファルセットなどの裏声も自由に使いこなすことができる様にもなるためにもぜひボイストレーニングをしてみましょう。
高音を安定して出せる様になれば、自分に自信も持てる様になり、その自信は声の美しさにも繋がります。

自分の声の限界を自分で決めないで、ぜひ音域を広める挑戦をしてみてください。

カテゴリー: 高音を出すには | コメントは受け付けていません。

ボイストレーニング前に「音域」について知る

ボイス、人の声…、これは人によって全然違う音を発する不思議なものです。
骨格などで声の音が大分違ってきます。
何オクターブも声が出る人もいれば、一オクターブがやっと何という人もいます。

この音域については音域があることはとても素晴らしいことではありますが、かといって、これがあるから歌がうまいとかそういうことは無いそうです。
ボイストレーニングをすることで音域が広がることもありますので、音域が広いか狭いかというのはそう大きな問題ではないと言っていいでしょう。

ボイストレーニング前に自分の音域を知っておくことで、どのようなトレーニングが有効的かをしることができますので、自分の音域を知っておくことは良いと思います。
基本的に普段話している声が高い人は高音が得意なタイプだそうで、さらに高音を目指すトレーニングをしたり、低い音についてもレッスンしたりして、音域の幅を広げることができるのがボイストレーニングです。

カテゴリー: 歌が上手になるには | コメントは受け付けていません。

歌の音痴を克服するボイストレーニングとは

最近の子供達は小学生の頃からカラオケなどに出かけるようになりました。
カラオケ店も数が多く、いつでも気軽に行けることもあり、よく通う方もいるのではないでしょうか。

友人に誘われて、音痴だからと断っている方もいるはずです。
そこで音痴を克服できたらとてもうれしいですよね。
音痴は歌が下手というわけではなく、正しい音階を出していない為に下手に聞こえるのです。
そこで、音痴を克服するボイストレーニングを行いましょう。
一番はプロの先生に指導してもらう方法がもちろん良いです。
正しい音階を身に着けて、発声練習・リズムと取り方を教えてもらうのです。
外になかなか出かけられない方にも自宅で行えるボイストレーニングもあります。
ボイストレーニング機器を利用して練習する方法です。
成果が現れたら最初は一人でカラオケにいって練習してみましょう。一人カラオケも別に恥ずかしいことではありません。
やはり練習あるのみです。

しかし、間違ったやり方をしていても上達はしません。
正しい方法でボイストレーニングを行いましょう。
頑張って練習してみんなの前で気持ちよく歌えたら楽しいですよね。

カテゴリー: 歌が上手になるには | コメントは受け付けていません。