ボイストレーニング前に「音域」について知る

ボイス、人の声…、これは人によって全然違う音を発する不思議なものです。
骨格などで声の音が大分違ってきます。
何オクターブも声が出る人もいれば、一オクターブがやっと何という人もいます。

この音域については音域があることはとても素晴らしいことではありますが、かといって、これがあるから歌がうまいとかそういうことは無いそうです。
ボイストレーニングをすることで音域が広がることもありますので、音域が広いか狭いかというのはそう大きな問題ではないと言っていいでしょう。

ボイストレーニング前に自分の音域を知っておくことで、どのようなトレーニングが有効的かをしることができますので、自分の音域を知っておくことは良いと思います。
基本的に普段話している声が高い人は高音が得意なタイプだそうで、さらに高音を目指すトレーニングをしたり、低い音についてもレッスンしたりして、音域の幅を広げることができるのがボイストレーニングです。

カテゴリー: 歌が上手になるには   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります