腹式呼吸とは?

腹式呼吸とは呼吸法の一つで、歌手・ミュージシャンだけではなく舞台などをする際にも大きな声を必要としますので俳優さんたちも行っています。

どうして腹式呼吸なのかというと、喉を使って声をだすと喉を痛めてしまうからです。
また、腹式呼吸は「腹の底から声がでる」といい、声量がアップするというポイントもあるそうです。
腹式呼吸のやり方は簡単です。
鼻から息を吸って、お腹に空気を貯める様なイメージでお腹も一緒に膨らませます。
息を吐く時には口からゆっくりと吐き出し、お腹に溜めた空気を全て吐き出すようなイメージです。
この時、姿勢も正しくないとうまく出来ないと思います。

慣れないうちは仰向けになってお腹に意識を集中させ、わざと息を吸う時にはお腹をいっぱいに膨らませ、息を吐くときはお腹を「これでもか」というくらいに凹ませるようにやってみましょう。
お腹の上に手を軽く乗せて練習をすると更にやりやすいですよ。

慣れてくれば立ったままでも出来るようになります。

カテゴリー: 高音を出すには   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります